ジェネラル・ルージュの購入後レビュー♪

楽しみですロジカルモンスター白鳥の大ファンです!このシリーズはリズムの良いストーリー運びとキャラクターの個性が生きていてGood!毎回楽しみに読んでいます。ジェネラルのような先生、実際に居そうですよね・・・田口先生の一見ボーっとしているようで懐が深く、頭の回転が速い先生にも憧れます。医師の苦悩も描かれています。

コレです♪

2017年04月03日 ランキング上位商品↑

ジェネラル・ルージュジェネラル・ルージュの凱旋 [ 海堂尊 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

面白いけど。例えて言うなら、「ER」のようなスピード感とドキドキ感があります。二人のアップテンポな掛け合いが面白く話しに夢中になってしまいました。ナイチンゲールで挫折してしまった人も、この物語に触れて欲しいです。これまでのチームバチスタもまナイチンゲールも、そしてこの作品も面白いです。「ナイチンゲールの沈黙」と時期を同じくして展開するお話。二作で一作、ジェネラル以降にナイチンゲールを読むとまた違う感慨が出てきます。(笑)ジェネラルの人間性(人柄)は共感出来ます。今作の主役がそうであるように、物語もまた全てを花道に換える。皆さんおっしゃっているように!一作目の「バチスタ〜」ほどの圧倒感はないのですが!「ナイチンゲール〜」よりはよかったです。というか!“ジェネラル”ってタイトルについた時点で誰がメインで話が進むかわかっちゃいましたが!それって海堂さんのシリーズにもうはまっちゃってる証拠ですね。うーん!ジェネラルは男前すぎますね!バチスタシリーズの中でも!ダイナミックな展開があって楽しめました。前回のナイチンゲールよりも良いと評判なので続けて購入しました。格好良いです。前作のナイチンゲールの沈黙とかなりクロスオーバーしているので!まだ読んでいない方は前作を読まれてからをお勧めします。ロジカルモンスターの出番は少ないのですが、個人的には好きな1冊です。前作までと同様,これもいいです.かなり夢中になって読んでしまいました.元外科系の医師です。チーム・バチスタの栄光で活躍した田口医師と白鳥氏のコンビの小説です。映画化もされるそうだけれど、このカタルシスと孤独と力強さは是非原作で一読を。こっけいな役人白鳥がいまいちインパクトがないのがちょっと気になりましたが!その代わり2冊目まで名前しか登場しなかった姫宮が登場して楽しめました。。ジェネラル、かっこよすぎてずるいです。でも、「ナイチンゲール〜」までは読んでおいた方が、裏が見えてより馴染みやすいと思います。ナイチンゲール・・・や!螺鈿・・・に関係が深い作品なので!読んでいて「繋がる繋がる!」って感じるのが楽しい(笑)前作「ナイチンゲール〜」と時間的には同時期に進行していたストーリー。作中の小人物どもが哀れです。海堂さんの作品ははじめから順番に読んでいく方がいいと思います。速水先生。医療に携わる機会が多い私にとっては色々考えさせられる事柄も多く描かれていて、病院の存在の意味を問い掛けているような気がしました。ちょっとバチスタのインパクトが強かったので普通の面白さです海堂氏の4冊の中で白鳥の出番はかなり少ないので!白鳥ファンには物足りなさが残るが!今回も一人一人のキャラが上手く表現されているので面白いです。微妙なところでつながっているというか、前の作品と平行して物語が進んでいるところがあるので前の作品を思い出しながら読むことができておもしろいです。やっぱり、男は大きくなくちゃいけませんね。バチスタシリーズはどれも好きですが、この作品は特に好きな作品です。大病院における救急医療の現実のリアルな描写がなされており!臨場感を感じながら読むことが出来ました。両方読むと「あ、そういうこと」と思えるところが何カ所も。